婚活をしていて思う事ってないですか?私は本当に結婚したいのか?

こんにちは!。婚活アドバイザーの高山です。
今日も相変わらず寒いですね。昨日は更に寒かったように感じますが、
毎日寒さで体が悲鳴をあげてましたから、体が芯から温まるお鍋なんてどうかなと思っていたのですが、
直前で、スープもいいな!と迷っていたら、お腹いっぱいになるスープが食べたくなり、
昨夜は自宅で久々に手料理を振る舞いました。実は僕の趣味は料理で、皆さんから意外だと良く言われますが、
仕事が早めに終わった日などは、よくお買い物をして料理を楽しんでおります(笑)

昨夜は久々に熱々スープを作りましたが、これが激ウマで、名付けて「トルコ風チキントマトスープ」と言います。トルコ料理が特に好きな訳ではなく、トルコ料理はこの一品だけなんですが、とにかく病付きになるスープなんですね。多めに作って明日の朝でも食べようと思っていたのに、そのまま完食してしまいました(笑)

画像を見て美味しそうだな〜と思われる方も多いと思いますが、実はこれ、トマトとパセリとミント
がとても相性が良く、レモンのエッセンスで更に爽快感を増し、赤ワインにピッタリなトマト料理なんですね。
ワイン好きな人には絶品となる一品です。

自宅でもちゃんとそれなりにセッティングして食べると、何となくいい感じ?という雰囲気で美味しくいただくことができるんですね。こういうところを面倒にしてしまうと、せっかくの手料理も台無しですよね。
「食は器で食え!」というくらいだから、いただくならより美味しくというのが僕のポリシーでもあります。

因に、今日は昨夜の食材がいろいろ残っていたので、少々アレンジして「肩ロースとキノコのアフィージョ」
を作る予定です。良い画像が撮れたら、また皆さんにご紹介したいと思います。

なんだか手料理自慢のブログのようになってしまいましたが、早速本題に入りたいと思います。

 

 

 

 

さて、皆さんから婚活についてのご相談を受ける中で、よくある相談内容の中に、「自分で最近よくわからなくなってきた」というご相談が意外に多くあります。
多くの方は結婚したいから婚活をしているわけですが、なかなか進展がない状況が続いていくうちに、
ふと思うんですね。「私は本当に結婚したいのか?」ってね。皆さん結構悩まれているんですね。

そうかと思えば、自分の意識では絶対結婚したいと婚活を頑張っているけども、それは表層心理であって、
心の奥底にある深層心理の部分では、「結婚がしたい」のではなく、実は、「恋愛がしたい」ということが現実にあるんですね。それが意外に少なくないのです。

その場合、ほとんどの方がそこに気付いていなくて、自分自身では必死に結婚をしたいともがいている。
だけど頭の思考と深層心理のギャップの差が激しいので、結果として「婚活が上手くいかない」ということに
なるんですね。心理学は時に、残酷な結論をもたらします(泣)

 

では、この問題をどうすれば解決できるか?ということに興味が集中するのですが、
まず、心の問題には婚活をされているそれぞれの方々の幼少期からの家庭環境が少なからず関係しています。
性格や感情は親の傾向を引き継いでいる場合もありますが、やはり幼少期の環境は少なからず影響しています。

 

現在の思考や物の考え方がは過去から来たものですが、しかし、過去のことで幾ら悩んでも、現実社会では
前を向いて生きて行くしかありません。
方法としてはカウンセリングなどを通して意識の変革をすることも可能ですが、他方で、そこはいいから、
現在の状況が確認できれば、それに合った生き方の方が楽で、ストレスも感じない。だからこれからのこと
だけに目を向けていきたいという方もいらっしゃいます。

 

ここはブログなので、あまり専門的なことを書いても分からないと思いますから、手っ取り早い方法として、
結論からお伝えしていきますね。

 

そもそも結婚をしたいと思っているが、婚活をしていても何となく迷いや違和感を覚えるという方。
これはかなりの確率で、結婚向きではなく、恋愛向きであるということが想定されます。
自分の心の中のことですからね、自分で専門的な判断ができなくとも、何となく五感で感じる部分はそんなに外れないんですね。ただ、一人ではどう対処していいのかわからないというのが実感だと思います。

 

結婚相談所にご入会される方の中にも、結婚したいといいながら、実は恋愛を好んでいるという方は少なくありません。だけど、将来のことを考えると一人で生きて行くにはあまりに淋しい。ここで、皆さん悩まれるんですね。これはすべての方が感じられることだと思います。

 

大切なことは、自分が自覚した上で婚活をするということなんですね。何が問題なのかがわからないから不安で仕方ない。だから悩むという負のスパイラスに陥ってしまいます。しかし婚活する上で、自分がどんな人間なのかがわかれば不安はかなり解消されますよね。まずは自分を知ること。ここを押さえていただくために、例えば
入会希望の方とお会いした時は、必ず専門的なカウンセリングを実施して、結婚タイプか、あるいは恋愛タイプかを見極めます。その上で、皆さんと対話を重ねながら最適な選択を一緒に進めていきます。

 

仮に相談所で確実な結婚を掴みたいと思う方がいて、しかしカウンセリングで恋愛タイプだと判明した場合は、
その時点では、やはり結婚は難しいという結論に至るのですが、じゃぁ結婚はやめちゃえば!とはなかなか言えないんですね。ご本人が嫌だとなれば、それはご本人の問題ですから一人で生きていく選択も自由なのですが、僕の場合はご本人に告げた上で、それでも結婚を勧めています。きちんとカウンセリングサポートを通じてのことですが。

 

理由は、仮に結婚が難しいというタイプの方がいたとして、では、そのまま独身を貫いたとします。それはそれで一つの生き方なのですが、でもそうすると、必ず人生の最後で淋しい思いをすることになります。
そういう方々を数多く見てきたから言えることですが。実は、ここで一つ押さえておきたいポイントがあるのです。

 

皆さん想像してみてください。「もう結婚は無理かもしれないから諦めよう」と思う時って、いつなんでしょうね? 大抵は婚活されている時ですから、概ね30代もしくは40代ということが想定できますよね。その年齢ってどういう時期かと言えば、まだまだ仕事も元気に頑張れて、週末は飲みに行って楽しんだり、とにかく体や思考が元気な時期なんですね。だから自分一人でも何となると、簡単に諦めてしまうんです。

 

ですが、これがもし60代だったらどうしますか?周囲の友人や知人は大抵は結婚されていて、子供もいたり、あるいは家族で楽しんでいたり、孫だって授かっている可能性もありますよね。
思考や体力は老化で鈍り、年金暮らしだから時間は持て余している。そうこうしている内に、今度は病気になったりと、入院でもしたら誰もお見舞いにきてくれない。それってあまりに淋しいですよね。人生の最後になって、なんで自分はこんな人生になってしまったのか? そこで我に返るんですね。時既に遅しです。
とにかく高齢に近づくに連れ、若いときにはなかった悩みや苦労が次々と出てくるんですね。

 

そういう方々を数多く見てきた者としては、やはりどんな人にも幸せになってもらいたいと思うんです。
人それぞれどのような問題を抱えていたとしても、やっぱり不幸な人を見るのは辛いと思います。
人が生きていく上では、分かり易く言えば、例えばお金。お金さえあればいろいろと楽しめるし、美味しいものも食べられる。だからお金が必要というふうになるのですが、それはある程度の年齢までで、高齢になって多少のお金を貯えていたとしても、一人で人生を終える淋しさをカバーすることは到底できないんですね。

 

人はどんな場合も、必ず誰かと関わっていたいものです。人付き合いが苦手だという方も、本心では心の通う仲間が欲しいと思うのは自然な流れなんですね。また、人との関わりなくして生きていくことも不可能ということも付け加えさせていただきます。

 

結婚したいけど実は恋愛を好んでいるという方。これはカウンセリングを受ければすぐにわかりますが、そういう方であっても、ちゃんと結婚して幸せになれる方法があるんですね。僕の得意分野となりますが、ようやく結論に近づいてきましたね(笑)

要は、自分自身をまずしっかり知ることです。ここが分からないから不安が永遠に続きます。その上で、ご自分の性格、思考に合った方をパートナーに選ぶことができれば、ご自身でストレスを感じることなく、また、ご自分の生き方を通すことも可能なんですね。

 

では、自分を知るとどういうことが起きるのか?
ズバリ、自分に自信が持てるようになるんですね。人間は感情の生き物ですから、不安が常につきまとうとその不安が表情に現れ、見た目も暗い印象として相手に与えてしまいます。子供が悪さをして親に叱られる時って、
皆さんも経験ありますよね。親の顔が怖くてまともに目を合わせられない。ついつい目を逸らしてしまう。気持ちも萎縮してしまうので、姿勢もなんとなく下を向いたようになります。例えばそういう印象の大人を見た時、
その人間に何かを相談したり、助けてもらおうなんて思わないですよね。頼るんだったらもっとちゃんとした方に相談したいと思うはずですね。それが人の心理なんです。

 

しかし自分をしっかり知ることで、自分のどこがどうなのかを理解できれば、その自分に合ったパートナーを探そうという前向きな姿勢に変わっていくんですね。だから姿勢もよくなるし、言葉もハキハキ、本来の自分の笑顔を取り戻すことができます。表情は常に明るくなりますし、笑顔が多ければ人はその人に寄ってきます。自分の魅力も表現しやすくなりますし、その中に、ちゃんとパートナー候補の男性が必ず紛れているものです。

 

もう一つは、自分に自信がないと思っている方は、何らかの理由でコンプレックスを抱えているものです。
しかし自分を客観的に知ることができれば、仮にそれが少々コンプレックスに感じてしまうことであっても、
それを「欠点」とは考えず、「個性」として理解することが自然にできるようになります。
「欠点」が「個性」に変わると、人はとても強く、活き活きとしてきます。同じ人間とは思えない、楽観的な考えができるようになるんですね。人は人、自分は自分という生き方が、諦めや投げやりの発想ではなく、ポジティブな発想として、自分で自分を受け入れる寛容さが自然とできるようになります。

そうなると人は強いですね。何をやっても楽しいという人生を送れるようになります。
ですから、「いろいろと悩みが絶えない」あるいは「自分がよくわからない」という方は、まずは何を差し置いても「自分を客観的に知る」ということが大原則なんですね。ここさえ押さえて理解していれば、必ず良きパートナーが見つかります。

 

人生一度きりですから、結婚のために自分を押さえ込んで悩むより、自分を知って、自分に合ったパートナー選びの方が、結婚後も楽しいということになります。結婚での幸せとは、一言でいえば、楽しいことの繰り返しをどれだけ維持できるかということに繋がります。当然、長い人生の中では悩んだり苦しんだりということも経験するわけですが、それでも、そこには「楽しい」と思える自分がいて、それを繰り返す中で本当の幸せにたどり着いていけるんですね。そのすべてが、自分を知るところから始まります。

 

日々悩んで、婚活が苦しいと感じている方は、まずは自分を知って、人生を価値的にしていきましょう!。

この続きはまた今度。

寒い日が続いていますから、しかもクリスマス前。インフルエンザも流行ってますから、健康的に婚活を頑張りましょうね!

 

 

 

 

 

 

 

 

SNSシェアは下記をご利用ください